%YEAR%年の一覧

2018年度 奨励研究の募集について

2018年4月12日

非文字資料を研究する若手研究者の育成を目的とした奨励研究の募集をおこないます。

応募を検討する方は、「奨励研究募集要項」を必ずお読ください。

2018年度 海外提携研究機関への若手研究者派遣 募集開始のお知らせ

2018年4月9日

2018年度 海外提携研究機関への若手研究者派遣の募集を開始しました

1.【派遣時期】:2018年 9月~2019年 2月
2.【派遣期間】:14日間~21日間以内
        時期・期間は本人及び受け入れ機関と相談のうえ決定
3.【派遣先提携研究機関】 ( 各機関1 名)
  中国 北京師範大学文学院 民間文学研究所
  中国 華東師範大学 中国非物質文化保護研究中心
  中国 浙江工商大学 東亜研究院日本文化研究所
  中国 中山大学 中国非物質文化遺産研究中心
  韓国 漢陽大学校 東アジア研究所
  カナダ ブリティッシュコロンビア大学 アジア学科
  ブラジル サンパウロ大学 日本文化研究所
  フランス 国立高等研究院 東アジア文明研究センター
4.【費  用】:旅費・交通費・宿泊費実費を非文字資料研究センターが負担  
5.【応募資格】
 「非文字資料」に関する研究テーマを有し、博士論文を完成させるために海外提携研究機関への派遣を希望する本学の博士後期課程学生
6.【応募期間】2018年4月9日(月) ~10月15日(月) 
  毎月15日締切 
  ※8月を除く 
  ※15 日が土・日・祝日の場合は翌平日
7.【ガイダンス】:応募希望者は、非文字資料研究センター事務室に事前に連絡のうえで、指定の日時にガイダンスを受けること。

租界・居留地班 第60回研究会(講演会)(4月24日)を開催します

2018年4月4日

非文字資料研究センター 租界・居留地班 第60回研究会(ドナルド・ラップナウ氏講演会)(2018年4月24日)開催のお知らせ

*事前申し込み不要・来聴歓迎いたします。

■日時:2018年4月24日(火)17:10-19:00
■場所:神奈川大学横浜キャンパス 3号館408室
■共催:非文字資料研究センター 租界・居留地班・人文学会
■講演:
「絵葉書にみる日本と中国:1894-1945」
 ドナルド・ラップナウ氏(絵葉書収集家)
参加者:斎藤多喜夫(横浜外国人居留地研究会)、栗原純(非文字資料研究センター研究協力者)、大里浩秋(非文字資料センター客員研究員)、内田青蔵(神奈川大学)、村井寛志(神奈川大学)、須崎文代(神奈川大学)、、孫安石(神奈川大学)

2017年度第6回公開研究会「アジア太平洋戦争と国策紙芝居」(3月25日)を開催しました。

2018年3月2日

以下の通り、2017年度第6回非文字資料研究センター公開研究会を開催しました。


「アジア太平洋戦争と国策紙芝居」
---------------------------------------------------
日時:2018年3月25日(日)12:45~17:30
場所:神奈川大学横浜キャンパス1号館308号室

プログラム
12:45~13:00 開会挨拶・趣旨説明
13:00~13:40 森山優(静岡県立大学)
        「国策紙芝居の数量的研究」
13:40~14:20 シャラリン・オルバー(カナダ.ブリティッシュ・コロンビア大学)
        「戦時下紙芝居における母・女性の表象」
14:30~15:10 權希珠(韓国.建国大学)
        「植民地紙芝居:朝鮮の事例より」
15:10~15:50 大串潤児(信州大学)
        「誰が紙芝居を演じたか?:戦時紙芝居の実践者」
16:10~17:30 総合討論
        司会:安田常雄(神奈川大学非文字資料研究センター)
        コメンテーター:真鍋昌賢(北九州市立大学)
                  浅岡靖央(白百合女子大学)

「近代沖縄における祭祀再編と神社」班 研究会(3月3日)を開催しました。

2018年3月1日

以下の通り、研究会を開催しました。

日時:3月3日(土)午後3時~
場所:神奈川大学横浜キャンパス28号館2階
    非文字資料研究センター

報告
◇琉球祭祀儀礼の中の『崇元寺』
    後田多敦(非文字資料研究センター研究員)
◇沖縄のミロク信仰
    金泰順 博士(歴史民俗資料学)
◇現地調査から見た琉球における神社のありよう
    津田良樹(非文字資料研究センター研究員)

2017年度第5回公開研究会「絵引から見た近世の南九州」(3月10日)を開催しました。

2018年2月1日

2017年度第5回非文字資料研究センター公開研究会を開催しました。
大勢の皆様にご参加いただきましてありがとうございました。

「絵引から見た近世の南九州」 
---------------------------------------------------------
日時:2018年3月10日(土) 13:00 ~18:00
場所:神奈川大学横浜キャンパス3号館205室

プログラム
開会挨拶:内田青蔵(センター長)
趣旨説明:小熊 誠(センター研究員)

報告:
「絵引とは何か―戯画を絵引する」
  富澤達三(センター客員研究員/松戸市立博物館学芸員)
「『薩藩勝景百図』による南九州生活絵引」
  渡辺美季(センター客員研究員/東京大学准教授)
「鹿児島琉球館について」
  上原兼善(センター研究協力者/岡山大学名誉教授)
「『再撰帳』掲載絵図にみる近世薩摩国加世田郷」
  橋口 亘(センター研究協力者/南さつま市教育委員会主査)

コメント:
  小島摩文(センター研究協力者/鹿児島純心女子大学教授)
  高津 孝(センター研究協力者/鹿児島大学教授)
  丹羽 謙治(センター研究協力者/鹿児島大学教授)

非文字資料研究センターNewsLetter No.39 が刊行されました

2018年1月30日

非文字資料研究センターNewsLetter No.39

CONTENTS
■2017年度非文字資料研究センター第1回公開研究会
「いまなぜ上海研究か?」…………………………………………………孫安石
■2017年度非文字資料研究センター第2回公開研究会
「琉球・沖縄の御嶽と神社」………………………………………………後田多敦
■研究会報告
「殖民統治下的朝鮮、臺灣之風景與記憶/植民地朝鮮と台湾の風景と記憶」参加記………………新垣夢乃
「植民地朝鮮の紙芝居一視党メディアを利用した情報宣伝」………權希珠
「上海社会科学院主催国際学術研究会に参加して」………………内田青蔵
■研究エッセイ
「中国通俗歴史小説と非文字の文化」……………………………………松浦智子
「神奈川大学みなとみらいキャンパス開設予定地関連「騒動」顛末の記」…………中林広ー
■〔連載〕中国絵はがきコレクション紹介  
 戦前中国の風俗絵はがきの世界(近藤恒弘氏寄贈)
 ③ 支那に於ける民衆風俗第三輯………………………………菊池敏夫
 ④ 支那に於ける民衆風俗第四輯………………………………菊池敏夫
 ⑤ 黄塵の原に麗日なき農民の生活・支那風俗…………大里浩秋
■〔連載〕戦時下メディア研究報告
 戦意高揚紙芝居コレクションにみる戦時下用語
 「用語編」その 7 ………………………………………………………原 田広

仁川大学校中国学術院と非文字資料研究センターとの学術交流協定について

2018年1月26日

2018年1月19日、仁川大学校中国学術院と非文字資料研究センターとの
学術交流協定に関する覚書の締結をいたしました。

研究者間の学術交流などを通じ、今後、交流が一層深まることが期待されます。
調印式後には、3号館で開催中の「仁川チャイナタウン」写真展をご覧いただきました。

2017年度第4回公開研究会「日・韓の華僑と近代史―仁川、横浜、神戸の華僑」を開催しました

2018年1月19日

以下の通り、2017年度第4回公開研究会を開催しました。
大勢の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

「日・韓の華僑と近代史―仁川、横浜、神戸の華僑」

日時:2018年1月19日(金)午後2時~5時
場所:神奈川大学横浜キャンパス 1号館 804号室
共催:神奈川大学非文字資料研究センター・仁川大学中国学術院

≪プログラム≫
挨拶:内田青蔵(非文字資料研究センター長)
司会:孫 安石(非文字資料研究センター研究員)

【報告】
1 「韓・中修交以降の韓国華僑社会の変容(1992年~2017年)」
  李正煕(韓国・仁川大学中国学術院教授)
2 「仁川チャイナタウンの歴史と現状」
  金南希(韓国・仁川大学中国学術院教授)
3 「横浜中華街、その形成と変貌-160年の歴史を考える」
  伊藤泉美(横浜開港資料館)
4 「開港150年と神戸華僑」」
  安井三吉(神戸華僑歴史博物館)

【コメンテーター】
斎藤多喜夫(横浜外国人居留地研究会)
大里浩秋(神奈川大学名誉教授)
村井寛志(神奈川大学)
内田青蔵(神奈川大学)

なお、公開研究会開催日には横浜キャンパス3号館1階展示コーナーにて、「仁川チャイナタウン写真展」も開催中です。併せてこちらも是非ご観覧ください。