メディア掲載情報

掲載日・放送日 媒体名 タイトル 備考
2016年12月24日 日経プラスワン 3ページ スリッパ、実は日本で生まれた――土足厳禁、外国人向けに、草履の感覚、庶民にも定着(たどってなるほど) 内田青蔵センター長のコメント掲載。
2016年08月17 日本経済新聞 夕刊 「国策紙芝居」、敵を鬼や虫に、戦時中、米英首脳を描く、世論への影響を研究、神奈川大。 安田常雄教授、原田広研究協力者のコメントならびに写真掲載。
2015年11月15日 北日本新聞 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年10月22日
~12月22日
徳島新聞 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年9月 GRAPHICATION 200号」(富士ゼロックス(株)広報誌) 非文字文化とは何か 非文字文化の魅力という特集が組まれ、元非文字資料研究センター研究員、橘川俊忠先生へのロングインタビュー記事が掲載。
2015/8/21日 中外日報 資料と写真から海外神社に迫る 刊行物『海外神社とは?-史料と写真が語るもの』の記事が掲載されました。
2015年8月15日
~10月31日
十勝毎日新聞 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年8月4日
~10月6日
陸奥新報 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年7月21日
~2015年10月6日
高知新聞 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10 7.21「フクちゃんで国威発揚」安田常雄、7.28「アジア解放の「大義」説く」森山優、8.4「華々しく勇ましい「皇軍」」、8.11「暮らしの全てを動員」原田広、8.18「国への「御奉公」万能標語に」原田広、8.25「悲痛な最期 庶民に伝える」原田広、9.1「市民生活の模範示す」大串潤児、9.8「機密保護 国民に自覚促す」森山優、9.29「母性が強調された社会」大串潤児、10.6「描かれない「敵」の姿」安田常雄
2015年7月18日
北羽新報 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年7月11日
長野日報 連載 紙芝居が描いた戦争 1~10
2015年5月14日 毎日新聞 大阪夕刊 2頁 総合面 次世代の戦後:記憶と表現 海外神社 写真家・稲宮康人さん 海外神社の跡地を撮影する旅を続けている非文字資料研究センター研究協力者の稲宮康人氏(写真家)に関する記事。
2013年11月30日 朝日新聞 朝刊 神奈川全県・2地方 (アート)戦争宣伝担った紙芝居 神奈川大センター購入・展示 /神奈川県 非文字資料研究センターが「国策紙芝居」241組を購入。12月4日公開研究会と展示のお知らせ。
2010年12月28日 朝日新聞 夕刊   2社会 災害復興・支援を考えるシンポジウム 来月8~10日、兵庫・西宮で【大阪】 非文字資料研究センター研究員・北原糸子先生の「絵巻物と児童画で見る震災」と題する講演と作品の展示について。
2010年10月27日 読売新聞 東京朝刊
文化
絵巻で見る関東大震災 関東大震災直後の模様を克明に描いた絵巻「東都大震災過眼録(とうとだいしんさいかげんろく)」。神奈川大学での特別展で公開中。
2010年10月22日 毎日新聞 地方版/神奈川 関東大震災:「生き地獄」子どもが被災絵 きょうから神奈川大で惨状記録展 /神奈川 関東大震災(1923年9月)の惨状を記録した絵画展「関東大震災を描く」開催について。
2010年8月21日 毎日新聞 東京夕刊 社会面 絵巻:関東大震災、直後の庶民 炊き出し・法要…復興描く--東京で24日から初公開 関東大震災の被災者の様子を描いた日本画家、萱原黄丘(かやはらこうきゅう)(1896~1951年)の絵巻が東京都墨田区の都復興記念館で初公開される。非文字資料研究センターの研究チームが収蔵庫の整理中に見つけたもの。
2009年7月17日 毎日新聞 地方版/東京 関東大震災:都慰霊堂の資料、神奈川大がデータベース化 /東京 関東大震災の供養施設「都慰霊堂」(墨田区横網町)に保管されていた膨大な資料のデータベース化の取り組みと、非文字資料研究センターの北原糸子主任研究員のコメント。
2009年3月15日 毎日新聞 地方版/神奈川 関東大震災:震災後の東京・横浜、復興テーマに発表 町内会急増など報告 /神奈川 関東大震災後の横浜・東京をテーマにした公開研究会「震災復興と文化変容」。大学教授ら約100人が参加。
2008年12月3日 朝日新聞 夕刊   2社会 図面が語る海外神社 戦前建設、技師宅から20枚 【大阪】 発見された図面に関する中島三千男教授(日本近現代思想史)のコメント。
2007年11月10日 毎日新聞 地方版/神奈川 実験展示:歩き方の変遷探る 江戸の旅人絵や昭和初期映画も--神大で /神奈川 実験展示「あるく」の紹介記事。歴史民俗資料学研究科の中村ひろ子教授のコメント。
2006年11月11日 読売新聞 東京朝刊
福島2
神奈川大と連携、只見町でネットエコ博物館=福島 只見町と神奈川大とが連携して構築した「インターネットエコ博物館」の試験運用開始について。国指定重要有形民俗文化財指定の8000点もの町の民具や町の自然環境をインターネット上で公開する試み。
2006年1月8日 読売新聞 東京朝刊 福島 只見の豊富な民俗資料や自然景観…丸ごとネット博物館に 町と神奈川大=福島 只見町と神奈川大学が「仮想博物館」事業を共同で展開することに関する記事。佐野賢治教授(民俗学)のコメントなど。
2003年7月29日 朝日新聞 朝刊 神奈川1 非文字資料、体系化し世界へ COE決定の神奈川大 /神奈川 文部科学省の「21世紀COEプログラム」に神奈川大学が採択。